ピザ作りや工作、自然の中で楽しく 八幡平市でイベント

ピザ作りや工作、自然の中で楽しく 八幡平市でイベント

 八幡平市松尾寄木の県民の森・森林ふれあい学習館フォレストアイ(伊藤盛所長)の自然体験イベント「森で遊び!自然で学ぶ」は5日、県民の森キャンプ場で開かれ、市内外の親子連れら約60人がピザ作りや工作などを楽しんだ。  同学習館のスタッフらが指導し、石窯で作る自家製ピザや、風船にたこ糸を巻き付けて成形した「風船ランプ」の工作を体験した。  自然に関するクイズラリーにも挑戦し、木々の間から日差しが注ぐキャンプ場に子どもたちの元気な声が響いた。  トマトやナスを盛りつけたピザは出来たてを試食。寄木小6年の女子児童は「生地を伸ばすのが難しかったけれどうまくできた」と喜んだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索