盛岡大付、初戦突破へ打撃に磨き 甲子園あす7日開幕

 第99回全国高校野球選手権大会は、49代表校が参加して7日に甲子園球場で開幕し、15日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦が始まる。  8日の1回戦で作新学院(栃木)と対戦する盛岡大付は5日、神戸市の村野工高ひよどりグラウンドで打撃練習中心に汗を流し、初戦突破へ急ピッチで仕上げている。  午前8時から約2時間、3カ所のフリー打撃とシート打撃を行った。フリー打撃では、作新学院の左右の投手を想定。通常よりも前から投げる投手を相手に力強いスイングを見せた。「ナイスバッティング」と元気の良い声が響き、士気を高めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索