秋田豪雨の大仙へボラバス 9日に日帰り運行

 県内のNPO法人などによる支援組織、いわてNPO災害支援ネットワークは9日、先月下旬の大雨で大きな被害が出た秋田県大仙市で活動する日帰りボランティアの送迎バスを運行する。定員50人。  遠野市のJR遠野駅前を午前6時、盛岡市本宮のしぇあハート村を同7時半、雫石町千刈田の世界アルペン記念公園を同8時に出発。同9時半ごろ大仙市に到着し、浸水した家屋の泥出しや清掃に取り組む。午後3時半に活動を終え、同市内の入浴施設で休憩。雫石同6時半、盛岡同7時、遠野同8時半に到着予定。  昼食、タオル、軍手などは各自で用意。スコップなどの道具は現地にある。ボランティア活動保険は出発前に各自で加入する。申し込みは8日正午までに構成団体の一つ、盛岡市のSAVE IWATE(019・601・6482)へ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索