笑顔広がるフラダンス 青山学院女子短大生が披露

笑顔広がるフラダンス 青山学院女子短大生が披露

 宮古市など被災地のボランティア活動を続ける青山学院女子短期大学(東京)は5日、同市港町の鍬ケ崎公民館で近くに立地する災害公営住宅の住民らと交流した。 学生18人がプロのウクレレ奏者鈴木昭寿さん(31)、奥州市在住のプロダンサー矢守春菜さん(34)とともにフラダンスを披露した。  会場で調理したカレーを住民に振る舞ったり、持ち寄った衣類や食器などをバザーで出品した。  同短大は2011年7月に活動を始め、がれき撤去や子どもたちとのお楽しみ会などを展開。3月に行われる震災追悼式ではハンドベルを披露し、市民を励ましている。 【写真=フラダンスを住民に披露する学生たち】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索