園児ら力士に体当たり 大相撲東関部屋、一関で夏合宿

園児ら力士に体当たり 大相撲東関部屋、一関で夏合宿

 大相撲東関部屋の力士ら12人は7日、毎年恒例の夏合宿のため、一関市に到着した。同日は市内の保育園や市東山支所などを訪問。14日までの期間中、同市東山町の松川市民センターに滞在し、朝稽古を連日公開するほか住民と交流する。  同部屋東山町後援会(松川誠会長)が主催し29回目。東関親方(元潮丸)、振分親方(元高見盛)と力士や床山ら12人が到着した。  一行は同市山目の一関あおば保育園(小原一美園長、園児141人)を訪れ、力士が園児らと相撲を取るなどして交流を深めた。園児(5)は「すごく大きくて力が強い。楽しかった」と笑顔を浮かべた。  力士らは8〜13日に朝稽古を公開。午前7時半〜同10時で無料で見学できる。11日午前9時半からは同センターで大相撲東関部屋フェスティバルも開かれ、ちゃんこの振る舞いなどが行われる。問い合わせは市東山支所内の後援会事務局(0191・47・4525)へ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索