岩洞湖ワカサギ釣り16日解禁 盛岡、昨年より10日早く

 盛岡市薮川の岩洞湖漁協(鳴海義則組合長)は12日、氷上ワカサギ釣りを16日の日の出とともに解禁すると決めた。解禁日は平年並みだが、近年は暖冬で解禁が遅れており、昨年より10日早いスタートとなる。  盛岡地方気象台によると、12日の盛岡・薮川の最低気温は今季最低の氷点下20・9度(平年比7・5度低)と厳しい冷え込みだった。湖面の氷は15センチ以上に達している。  同漁協は今年から、氷上への立ち入りを午前5時からとしている。料金は高校生から74歳までが600円。中学生と75歳以上は300円、小学生以下は無料。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索