クライミング盛岡で6月開催決定 国内最高峰複合大会

 日本山岳・スポーツクライミング協会は12日、東京都内で常務理事会を開き、国内初のスポーツクライミング3種目複合の全国大会を6月23、24の両日、盛岡市みたけの県営運動公園などで開催すると決めた。3種目複合は2020年東京五輪の正式競技。新大会は国内最高峰の一つに位置付けられ、五輪代表候補ら全国トップ選手が参加する。  大会名は「スポーツクライミング第1回コンバインドジャパンカップ2018」。日本協会が主催し、県山岳協会(高橋時夫会長)が主管。代表候補の強化大会として、男子30人、女子30人程度の参加を見込む。  会場は到達の高さを争う「リード」と登る速さを競う「スピード」が同運動公園、壁に設定された複数の課題(コース)に挑む「ボルダリング」は盛岡市青山の県勤労身体障がい者体育館の仮設施設を使う。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索