日本バレエ協会の指導者特別賞に 盛岡、黒沢さん

日本バレエ協会の指導者特別賞に 盛岡、黒沢さん

 盛岡市青山でバレエスタジオを主宰する黒沢智子さん(90)は、日本バレエ協会(岡本佳津子会長)の第1回指導者特別賞に選ばれた。1953年にスタジオを開設し、65年。国内外で活躍するダンサーを育成し、今も現役で指導を続ける。約20年間にわたり同協会東北支部長を務めるなど、東北地方のバレエ普及と発展への貢献も評価された。

 黒沢さんは受賞に際し「8歳から82年間、バレエだけをやってきた。好きなことをして家族にも生徒にも恵まれ、いい方へいい方へ歩んでこられた人生。ありがたいと思っている」と振り返った。

 両親が本県出身で東京都で生まれ育った。日本女子体育専門学校(現日本女子体育大)卒。戦前戦後の舞踊界をけん引した石井小浪(こなみ)さん、奥州市江刺出身の小牧正英さん、谷桃子さん(いずれも故人)に師事し、ソリストとして活躍した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索