一関の餅食文化を広げようと、一関市旭町の酒販店リカーショップコンノ(今野公英代表)が手掛けた地元産もち米100%の純米酒「結(ゆい)」が完成し19日、同店で販売が始まった。

 今野代表(52)が「みんなが笑顔になれるようにとの思いが結実し、柔らかく味わい深い酒ができた。じっくり味わって」と呼び掛け、購入第1号となる同市東山町の旅館経営菅原行奈(あんな)さん(56)に記念の1本を手渡した。

 生産した720ミリリットル入り350本のうち、既に約300本が予約済み。残る数十本を店頭販売する。価格は1本2千円。