県教委は24日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い一斉臨時休校とした県立学校について、4月の新学期から通常通り再開する方針を決めた。文部科学省が同日示したガイドラインなどを踏まえて判断した。始業式や入学式は感染症対策を徹底した上で実施。各校に対し25日、具体的な対応について通知を出す。 

 県立高65本分校、特別支援学校14校が対象。学校再開後の感染症対策はガイドラインの内容を基本とする。地域の感染状況を踏まえつつ、児童生徒や教職員の毎朝の症状確認のほか、手洗いやせきエチケットを徹底する。

 県立高の始業式は7日、入学式は8日がピーク。休校中に禁止した部活動も再開する。