盛岡市中ノ橋通の岩手銀行赤レンガ館のバラ園で、見頃を迎えた花の4割ほどが切り取られる被害が確認された。街角の癒やしのスポットとして親しまれており、心ない行為に同館関係者らは悲しんでいる。

 バラ園は約18平方メートルの花壇が三つ並び、計5品種約1200輪の花が咲いていた。24日午前9時40分ごろ、同館職員の坂田稔さん(67)が全体の4割ほどが花の部分だけ切り取られていることに気づいた。付近に花は落ちておらず、何者かに持ち去られたとみられる。盛岡東署によると、窃盗や器物損壊の罪に当たる可能性があるという。