平泉町の中尊寺では、金色堂の保存修理工事が進んでいる。「平泉の文化遺産」の世界遺産登録から丸9年を迎えた29日も、大勢の参拝客が訪れる中、作業を行った。

 金色堂の修繕は1968年の「昭和の大修理」以来。4人の作業員が筆やへらを使い、堂の外壁に生じた亀裂や金箔(きんぱく)や漆がはがれた部分などを修繕した。

 工事を担当するのは、文化財補修に実績がある小西美術工芸社(東京)。新型コロナウイルス感染症の影響で1カ月遅れて作業を始めた。工期は12月13日までの予定。