北海道に学ぶ大規模停電時のエネルギー確保術

平常時からの自家発電設備の導入・活用が役に立つ

 2018年9月6日午前3時8分に発生した「北海道胆振東部地震」では、北海道では初めての最大震度7が観測された。一時は北海道全域が停電する、いわゆる「ブラックアウト」という状態に陥った。復電後、道内では2週間近くの間、節電が呼びかけられた。

 停電により人々の生活や企業活動の継続に支障が生じたが、このような状況下でも、非常用発電機やコージェネレーションシステム(コージェネ:ガスなどを燃料に、熱と電気を生み出して供給するシステム)などの常用自家発電設備のある施設や事業所では、電気を使用することができ、安全・安心の確保にもつながった。電気だけでなく、熱も供給できるコージェネ設備を擁する地域冷暖房の供給会社では、空調用の熱供給も継続でき、9月の北海道とはいえまだ暑さが厳しいシーズンを乗り切った。

 今回、被災地の札幌で、停電中も事業継続の確保ができた例を取材した。今回のブラックアウトは不測の事態であり、多くの道民生活に不安を与えたが、事前の備えがあれば安心・安全が守れることを示した事例を紹介する。(取材・文:柴本淑子)

休止していた常用発電機で停電時でも通常営業したホテル

 定山渓温泉は、札幌の中心部から車で1時間足らずで行くことができ、年間120万人もの宿泊客が訪れる人気の温泉地。約20年前にオープンした「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」は、客室312室、従業員はパートを含め約150人の大規模リゾートホテルだ。

 地震で道内全域が停電し、各所で機能が滞る中、同ホテルは電力を自前で確保し、通常に近い営業を続けることができた。そこで活躍したのが、ホテル開業時から地下2階に設置してある常用発電機だった。

 使用する燃料はA重油で、その出力は750kW。一方、ホテルの通常消費電力は1日あたり約600kWで、ピーク時には約800kW。常用発電機を稼働させるだけで、営業に最低限必要なホテル全館の電力をまかなったのである。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索