宇宙×防災、3.11の教訓から生まれた防災ゼリー

 台風、地震、噴火・・・。日本列島は災害列島とも言われる。この秋も、次々と大型台風が日本列島に容赦なく襲いかかり、各地に甚大な被害をもたらした。

 避難所生活を余儀なくされた方たちもおられる。避難所でまず直面するのが水と食料の問題だ。

「3.11(東日本大震災)直後、避難所では水が圧倒的になくなりました。そんな時、(防災食の)乾パンを渡したら余計にのどが渇き、『水をください』と言われてしまう」

 そう語るのは、宮城県多賀城市に本社・工場をもつワンテーブルCEO島田昌幸さんだ。島田さんは仙台で被災。避難所で支援活動を続けた中で、さまざまな課題に直面する。

 災害直後は水や電気・ガスの確保がままならず、レトルト食品やインスタント食品は食べられない。また水が貴重だからと水分摂取を控えることによって、脱水症状やエコノミー症候群などの健康被害が発生する。そして、しばらく経つと別の問題が起こってくる。

「『被災太り』ってご存知ですか。右手に乾パン、左手におにぎり。支援に来られる方も『被災者がお腹がすいているだろう』とうどんやラーメン、焼きそばを差し入れる。つまり炭水化物が中心になり、栄養が偏ってしまうのです」(島田さん)

 こうした体験から島田さんは「水を必要とせず、栄養バランスのとれた防災食を作ろう」と決意。水が不要で栄養価の高い防災食にゼリー食を考案したものの、5年間の保存期間という高いハードルに直面した。

 防災食や備蓄食の保存期間に明確な基準はないが、備蓄食の代表とされる乾パンの賞味期限は平均5年。島田さんも5年の保存期間を目指したものの、「ゼリーを5年間もたせるのは技術的にすごく難しい。水を含むということは、菌が増殖しやすいことになるから。乾パンやアルファ米は水分がないから5年もつのです」(島田さん)。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る