米グーグルは7月13日、インドに約100億ドル(約1兆1000億円)を投資すると発表した。「インドのためのグーグル」と題する年次イベントをオンラインで開催し、その中で明らかにしたもので、同国のデジタル経済を加速させるとしている。

インターネット人口が飛躍的に伸びる市場

 新設する「インドのためのグーグル・デジタル化基金」を通じ、今後5〜7年で現地企業やインフラ整備に資金を拠出する。投資分野は主に次の4つだという。

 (1)ヒンディー語やタミル語などの現地の多言語に対応した情報へのアクセス拡充
 (2)インド独自のニーズに対応した新製品・サービスの開発
 (3)現地企業のデジタル変革支援
 (4)医療や教育、農業分野における、人工知能(AI)などの技術の活用

 グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は声明で、「この投資は、インドとそのデジタル経済の未来に対する我々の確信を反映している」と述べた。

 米ウォールストリート・ジャーナルによると、グーグルは米テクノロジー大手の中でいち早くインドに進出していた企業の1社。だが、これまで他の大手のような巨額投資や大規模買収は行わず、インド政府にとって比較的目立たない存在だったという。

 しかし、約13億人の人口のうち、インターネットにつながっている人はいまだ半数程度。同国のネット人口は今後数年で飛躍的に伸びると期待されており、グーグルも積極投資するようになってきたとウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

10億人の新規ユーザー獲得に向けた戦略

 同国では、これまで多くの人が低価格のフィーチャーフォン(従来型携帯電話)やスマートフォン、不安定な通信環境を利用してネットにアクセスしていた。そうした人を支援する目的で、グーグルは2015年にインドをはじめとする新興国市場の戦略を打ち出した。10億人の新規ユーザー獲得するという狙いである。