優勝候補・ジャイアンツ最高の補強にある盲点

 プロ野球解説者の小田幸平氏がおくる、各球団の現在地。今回は、覇権奪回を目指し、丸佳浩、炭谷銀仁朗、岩隈久志ら大補強を敢行したジャイアンツに注目する。

ジャイアンツ最大の補強は、炭谷銀仁朗

 僕の古巣チームでもある読売ジャイアンツは昨年オフ、指揮官に再び原辰徳監督を迎え、大型の選手補強を敢行しました。

 契約金額の大きさによりカープからFA移籍してきた丸佳浩選手に注目が集まっていますが、個人的には炭谷銀仁朗捕手の獲得にも非常に大きなポジティブな影響があると思います。

「日本球界ナンバー1捕手は」と聞かれれば皆さんは誰をイメージするでしょうか。例えば、昨年の日本シリーズでMVPに輝いたホークスの甲斐拓也捕手は名前が挙がりそうです。

 確かに、甲斐選手も強肩を持つ素晴らしい捕手ですが、ブロッキングなどの技術やリードの巧みさなどを含め総合的に判断すると、炭谷選手が現役ナンバー1の存在だと僕は思っています。

 扇の要と言われる捕手ですが、僕がその適性を見るときもっとも注意しているのが「コミュニケーション能力」です。ブルペン後に投手と話す、グラウンドで指示を出す、というのは当たり前で、それ以外の場所でどれだけ気配りができるか、視野の広さがあるか、ということは良い捕手のための絶対条件だと思います。チームの機微を敏感に感じ取ることが、グラウンド内で唯一選手全員を見渡せる捕手の役目でもあるからです。

 炭谷選手は昔から、そういう気配りがよくできる人間性を持っていました。ゆえにコミュニケーション能力もとても高い。それこそが、僕が炭谷選手をナンバー1と言う理由です。

 今季から阿部慎之助選手が捕手に復帰しますが、このポジション転向も炭谷選手にとってプラスに働くでしょう。新チームで守備の要である捕手としてプレーする上で、球界を代表する捕手が控えてくれていることほど、心強いことはありません。「失敗したって後ろに阿部さんがいる」と思えれば、思い切ってプレーできます。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索