緒方監督インタビュー、常勝カープは「戸惑い」から

 セ・パ2リーグ制に移行した1950年以降、3連覇を達成した球団は6。セ・リーグではV9という圧倒的な時代を築いた実績を誇るジャイアンツが5回3連覇以上を成し遂げているが、あとは昨年から続くセ・リーグ王者の広島東洋カープのみである。

 カープの指揮官・緒方孝市は4年間で3度のセ・リーグ制覇を果たした。今、「もっとも勝っている監督」といって差し支えない。しかし、かといってそれにふさわしい評価を受け取っているわけではない。「12球団一、過小評価されている」といっても過言ではないだろう。それでも当の本人は表情ひとつ変えずに「当たり前だ」と言った。

 なぜか?

 いかにして“勝てるチーム”を作り上げ、勝利に導いているのか? 普段は寡黙な指揮官の独占インタビューで送る。

必要だった選手時代の目線を捨てる覚悟

 1987年に広島東洋カープに入団した緒方孝市は、32年にわたり赤いユニフォームに身をまとい続けている。現役生活22年、最後の2年はコーチを兼任しながら現役を続け、引退後は野手総合、打撃、守備・走塁、ヘッドコーチといずれも一軍でカープを支えた。そして2014年シーズン終了後、監督に就任。下馬評の高かった就任1年目はBクラスに終わったものの、2年目からはチーム3連覇に導いた――。

―― 14年シーズン終了後、5年間のコーチを経て監督に就任されました。

緒方 戸惑いましたね。選手からコーチになって最初に感じたことがそれでした。

―― それはどういうことでしょうか?

緒方 アスリートから指導者になるという切り替えの部分ですね。自分がグラウンドに出てプレーするわけじゃなく、逆にグラウンドの外から野球を見る立場。選手や試合の流れを見て、どうすべきか、何をすべきなのかを指導、指示する立場になった。経験してきたことが生かされることはあっても、それがすべてではないですからね。

―― アスリートじゃないと自覚するのは難しかった、ということですか。

緒方 難しいですよ。なかなか切り離せない。指導をしていて思ったのは「アスリートとしての経験が邪魔になる」ということでした。(プレーしているのは)自分じゃないので、自分の経験則だけを元にした指導になってはいけない。言葉ひとつをとっても、選手の受け取り方は十人十色。だからいろんな引き出し、いろんなものの見方、捉え方、考え方をした上で(伝えるための)言動を考えないといけない。それに気づき、慣れるのに少し時間がかかりました。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索