利息の起源:シャイロックはなぜ嫌われるのか

仮想通貨ビットコインのメダル(2017年11月20日撮影、資料写真)。(c)Justin TALLIS / AFP〔AFPBB News〕

 今回は前々回の記事(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54561)でご紹介した11月22日のシンポジウム、応募方法と併せて告知から始めたいと思います。本日の朝日新聞に同じ告知が出るので、抽選の公正性を念頭に前回は控えたものでした。

東日本大震災復興支援哲学会議主催 哲学熟議15

FINTECH協創圏シンポジウム 

リーマン・ショック10年:

グローバル金融の現在・過去・未来

キーノート 中曽宏(大和総研理事長、前・日本銀行副総裁)

ラウンドテーブル 中曽宏
ナム・ギョンピル(前・韓国京畿道知事)
桜内文城(公認会計士・東京大学客員研究員)ほか調整中

入場無料:参加希望者は、氏名・連絡先を明記して電子メールにて事務局アドレス gakugeifu@yahoo.co.jp まで、11月15日金曜日までお申し込み下さい。定員100人(抽選)をご招待します。

当選者には11月16日以降、入場整理番号を付したe-ticketメールを発送しますので、当日受付で手続きをしてください。

主催 東京大学伊東研究室・東日本大震災復興支援哲学会議(哲学熟議15)

 東京大学特任教授を務められる中曽前日銀副総裁には、リーマンショックから10年を振り返り、今日そして明日のグローバル金融のあり方、日本の役割などについて自由にお語りいただく予定です。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索