「さくらんぼ計算」をけしからんと言う親の大問題

デンマークの首都コペンハーゲンにあるビスペビアウ墓地で、花見をする人々(2018年4月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Ritzau Scanpix / Mads Claus Rasmussen〔AFPBB News〕

 11月22日 連休に接したウイークデーながら、13時から東京大学本郷キャンパスで開催予定の「FINTECH協創圏シンポジウム」(http://mitsishikawa.wixsite.com/musicmanufacture/15)に多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

 本番直前ですが、若干名、追加募集を実施しますので、上のリンクをご覧になってご興味の方は、gakugeifu@yahoo.co.jpまで、お名前と連絡先を明記のうえ、お申込みください。抽選のうえ、当選者には「e-ticket」をメールでお送りします。

 さて、上記のシンポジウムでも、金融を巡るシンプルな論理の徹底を議論する予定ですが、今回は、最近「問題だ」と指摘されている「さくらんぼ計算」を巡る問題を考えてみたいと思います。

さくらんぼ計算? 

 高度成長期に初等教育を受けた私にはもちろん、昭和末期〜平成初期に小学校に通った、現在の子供たちの親世代にもなじみのない「さくらんぼ計算」なるものが、算数で足し算や引き算を習い始めたばかりの、今日の小学校1年生に課せられているというのです。

 で、それが「問題」だという。

 「子供たちをいたずらに混乱させるばかりの、とんでもない教育法である」といったクレームを最初に目にしたのですが・・・。

 非常に率直に言わせていただくと、そこで「問題だ」と言っている、親なのか先生なのか分かりませんが、大人の言い分があまりにも「トンデモ」であることに気づき、率直に衝撃を受けました。

 「さくらんぼ計算」問題は多分、「偽問題」で、むしろ本質的な問題は現在の子供たちを回りで見守る「親」や「教師」の側の算数観の

 「数学不在」「論理不在」にあるのでは? という感想を持ちました。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索