サステナビリティなき東京オリンピックに世界が警鐘

 2015年に国連主導で定められたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)。骨子となる17の大目標を達成するには、世界各国が足並みをそろえることが必須といえる。そしてそのために、実はオリンピックの存在が極めて重要となっている。

前回の記事:「SDGsで読み解くと、こんなに深い『ワラ』文化」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54612)

「サステナビリティ(持続可能性)が重視される近年、オリンピックは各国が足並みをそろえ、合意形成をする場として有効になっています。一方、その視点で日本の現状を見ると、多くの問題をはらんでいると言わざるを得ません」

 このように語るのは、環境学や持続可能な社会を研究する國學院大學経済学部の古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)教授。東京2020オリンピック・パラリンピックが迫る中、SDGsとの関係性とはどのようなものなのか。そして「問題をはらんでいる」という日本の実情とは。古沢氏に聞いた。

近年のオリンピックでは「サステナビリティ」がカギに

――今回は、SDGsとオリンピックの関係性についてお話を伺いたいと思います。持続可能性という視点でこのイベントを捉えた時、近年その重要性は増しているのでしょうか。

古沢広祐氏(以下、敬称略) はい。SDGsは、環境や経済、社会といったあらゆる領域の目標が掲げられ、全世界が“誰も取り残さず”同じ目標を目指すことが趣旨となっています。つまり、あらゆる分野・業界の人々、そしてあらゆる国の人々がトータルに連携し、シナジーを生まなければなりません。

 そう考えたとき、実はオリンピックというイベントは全世界が足並みをそろえるための良い契機となります。実際、サステナビリティに対する議論が過熱する近年、世界が同じ目標や課題意識を共有する場として、オリンピックが有効に活用され始めています。

 一例を挙げると、開催都市や開催国が、持続可能な社会を見据えた場作りをしているのです。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索