めちゃくちゃ遠い新天体! どんどん広がる太陽系

(小谷 太郎:大学教員、サイエンスライター)

 2018年12月17日(協定世界時)、太陽からとんでもなく離れた新しい小天体「2018 VG18」の報告が人々を驚かせました。

「ファーアウト(Farout)」とニックネームをつけられたその天体は、現在、太陽と地球の間隔の120倍離れたところに浮いてます。ファーアウトは、「めっちゃ離れてる」「ぶっ飛んでる」といった意味です。

 ファーアウトの軌道はまだ詳しく分かっていませんが、楕円を描いて太陽から離れていき、最遠で、太陽・地球間の約170倍のところまで到達すると見積られています。

 ファーアウトはハワイ島マウナケアの「すばる望遠鏡」によって発見されました。太陽から遠い小天体は甚だ暗いので、すばる望遠鏡のような巨大望遠鏡が威力を発揮します。

 人類は望遠鏡を手にして以来、遠方の新天体を星の数ほど見つけてきました。望遠鏡技術の進歩に伴い、太陽系の領域は広がってきたのです。

 新惑星からファーアウトまで、これまで人々を驚かしてきた辺境の新天体たちを紹介しましょう。それは太陽系の拡大の歴史です。

天王星〜初めて「発見」された惑星

 1781年3月13日22時(グリニッジ標準時)、ドイツ系英国人天文学者ウィリアム・ハーシェル(1738-1822)は、口径16cmの手製の望遠鏡を覗いていて、太陽系の新しい惑星を発見しました。

 ハーシェルは新惑星を、スポンサーであるブリテン王ジョージ三世に敬意を表して「ジョージ星」と命名しようとしましたが、幸いなことにその案は通らず、ギリシャ神話の天の神「Uranus」が採用されました。日本語訳は「天王星」です。ここで、惑星の名にはギリシャ・ローマ神話のキャラクターを用いるという規則が確立しました。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索