市民ランナーやアスリートは鉄欠乏症に要注意!

米カリフォルニア州サンディエゴで開かれた「サンディエゴ・ロックンロール・マラソン」のスタートの様子(2018年6月3日撮影)。(c)Sean M. Haffey/Getty Images for Rock'n'Roll Marathon /AFP〔AFPBB News〕

 先日、鉄欠乏性貧血の患者さんに鉄剤を処方しようとしたら「鉄剤を摂るのは身体に悪いと聞きました。大丈夫ですか?」と嫌がられた。

 若い陸上選手が、貧血の改善あるいは成績の向上目的とした鉄剤の補充をしていたことについて報道があったが、これを聞いたらしい。

 「いや、だって貴方、体内の鉄分が不足しているせいで貧血になってしんどくなっているのに、足りない分を入れないのはおかしくないですか、放っておいたらもっと身体に悪いですよねぇ」

 そう言って、適切な量を入れることは問題ないことを納得してもらい処方をした。

 若い陸上選手の鉄剤の過剰投与に関して、日本陸上連盟は、鉄剤注射による鉄剤投与を治療目的以外では原則として禁止するという声明を出した。

 患者の詳細な経過までは私は知らない。しかし、陸連の声明を聞いたときに、違和感を覚えずにはいられなかった。

 理解してほしいことは、鉄剤の投与方法は、内服だけでなく、注射あるいは点滴で静脈に直接入れる方法も、すでに安全性が確認され、医療行為の1つとして確立された方法であることだ。

 あたかもドーピングと同じであるかのように言われる筋合いのものではない。そして適切な投与方法と投与量は、医師と患者の間において決められるべきということだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索