(柳原 三佳・ノンフィクション作家)

 新型コロナウイルスで緊急事態宣言が発出される中、悪質な交通事件の報道が相次いでいます。

 5月6日、午後9時前、札幌市で31歳の男性がひき逃げされ死亡しました。逃走していた加害者(42)は、4日後の5月10日に逮捕されています。

 ゴールデンウィーク明けの5月7日午前7時頃、名古屋市内で起こった事故も悪質でした。酒を飲んで運転していたブラジル国籍の男(20)が、ワゴン車と衝突し、相手のドライバーに重傷を負わせながらも、横転した車から逃走。その後、逮捕されています。

(参考)『事故起こし横転した車から逃走・・・酒飲んで車を運転しワゴン車と衝突 運転手の男性けが 20歳の無職男逮捕』(東海テレビ)
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=125774&date=20200508

自粛によるストレス発散目的でハンドル握るドライバーが急増

 また、この日の正午ごろには、東京の江戸川区で大変痛ましい事故が発生しました。

 新型コロナウイルス対策で休校中だった中学1年生の男子生徒(12)が、自転車で横断歩道を横断中、信号無視をして交差点に進入してきた車に衝突されたのです。

 車は法定速度を上回る速度で走行しており、男子生徒は自転車と共に約40メートル飛ばされたそうです。