「ウイルスから国民を守るのも国防や」──テレビやSNS、YouTubeで「ちょっと待て、おかしいやないか!」と日本の政治や社会問題を舌鋒鋭く斬りまくるお笑い芸人のほんこんさん。新型コロナウイルスの感染拡大によってあぶり出された日本の大問題とは? 国民の命と領土を守るという観点から忌憚なき主張を披露する。(JBpress)

(*)本記事は『コロナと国防 ちょっと待て、こんな日本に誰がした!』(ほんこん著、ワニブックス)から一部を抜粋・再編集したものです。

自衛隊中央病院の奇跡、知ってまっか?

 新型コロナウイルスの感染者を乗せたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が横浜港にやってきたのは2月3日のこと。ボクは最初っから経産省やら厚労省やらが感染拡大を抑えようとしたって無理やと思っていました。

 ボクは防衛省がコロナ対策を担当するべきだったと考えています。ダイヤモンド・プリンセス号や武漢からのチャーター機で帰国した感染者112名を受け入れた自衛隊中央病院では死者はゼロで、4月上旬までにすべての患者を退院させたといいます。

 5月7日の時点で約220人の陽性患者を受け入れながら、院内感染者がゼロであることから「世界レベルの奇跡」だともいわれています。

 自衛隊中央病院のホームページには、ダイヤモンド・プリンセス号から搬送された新型コロナウイルス感染者(陽性)104症例について書かれています。それによると、17の国と地域の乗員、乗客104名の平均年齢は68歳、男女比半々。乗員は30〜50代が中心で、乗客は70代中心でした。