2017年は森友学園問題、翌18年は加計学園問題、昨19年は「桜を見る会」問題、そして今年は検察官問題に国会は振り回された。

 日本維新の会を除く野党(以下同)と、朝日新聞および同系列テレビなどによる倒閣狙いが根底にあった。

 籠池夫妻はマスコミ攻勢に辟易して東京へ脱出するが、東京ではさらに多くのマスコミに押し掛けられ困惑する。

 大阪にいた菅野完(たもつ)氏に電話すると、自由党の小沢一郎と共産党の小池晃の予定を押えて会うように設定したという。

 しかし、会いに行ける状況でないと告げると、菅野宅(東京)へ向かうように指示され、すっかり取り込まれる。

 愛国心を植え付ける幼稚園を運営し、その流れで小学校を開校しようとした籠池泰典・同夫人を取り囲んだのは、共産党が庇護者で裁判費用を民団から工面すると公言する著述家の菅野氏や左派勢力で、籠池氏が国会の証人喚問で読み上げた文章も菅野氏が書いたものであった。

共産や民団をバックにした倒閣劇場

「家の前にマスコミが、溢れかえっていた。そもそもそこから、政権に喧嘩を売る構図をつくったのです。私達の知らない内に、仕組まれていました」(籠池夫妻)(阿比留瑠比「ご都合主義が過ぎるメディア」、『正論』令和2年7月号所収、以下同)。

「(自宅に来た政治家ら〈福島瑞穂、森ゆうこ、小池晃、今井雅人〉の)目的は、倒閣のためであり、その他のことはどうでもいいという感じ(であった)」(長男佳茂氏)

「総理夫人と父との関係は、非常にきれいな関係でした。しかし、それでは視聴率を稼げないのです。何か悪いことをしていた方がいい(とけしかけられた)」(同上)

「両親を自分たちの意のままにしている筆頭が、当時(フリーの)記者として私たちの前に登場した菅野完」で、彼は「理事長に後ろ足で砂をかけた連中を刺したくないか」「あなたたちは皆から砂をかけられていますが、僕は味方です」と語り、「安倍総理を批判する材料はないか」と、佳茂氏に持ち掛ける。