(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家)

選挙前は自信満々だった両党

 衆院選挙前、立憲民主党も共産党も意気軒昂だった。議席を減らすことなど微塵も考えていなかったはずだ。

 共産党は選挙前の9月に総選挙での勝利に向けて第3回中央委員会総会を招集し、そこで志位和夫委員長は次のように発言していた。

〈第一は、市民と野党の共闘の力で、自民党・公明党とその最悪の補完勢力=維新の会を少数に追い込み、政権交代を実現し、新しい政権──野党連合政権をつくることです〉

〈第二は、「比例を軸に」をつらぬき、比例代表選挙で「850万票、15%以上」の得票を獲得し、全国11の比例ブロックのすべてで議席獲得、議席増を実現するとともに、小選挙区でも議席大幅増を果たし、日本共産党の躍進を実現することです〉

 2つの大目標を掲げていたのだ。言うのは勝手だとはいえ、よくぞここまでの大口を叩いたものだ。結果はどうだったか。自民党は議席を若干減らしたが戦前の予想からすれば大善戦だった。公明党も議席数を伸ばした。維新の会に至っては4倍近く議席を増やした。共産党なら狂喜乱舞するほどの大躍進だった。国民民主党も、れいわ新選組も増やした。減らしたのは立憲民主党と共産党だけだった。