本当にできるの? 中国で始まったゴミの分別

(花園 祐:中国在住ジャーナリスト)

 筆者の住む上海市内の住宅団地(中国語で「小区」といいます)では、数カ月前よりゴミの分別収集が行われるようになりました。

 中国では経済成長に伴って深刻になってきたゴミ問題に対応するため、2017年3月に国務院が「生活ごみ分別制度実施計画」を発表し、2018年から全国主要46都市でゴミの分別収集を試験的に実施しています。中国のその試みは、ゴミ処理施設の建設で高い競争力を持つ日系重機メーカーの受注増加にもつながっています。

 そこで今回は、上海市で行われているゴミの分別収集状況と、最近の中国のゴミ事情について紹介したいと思います。

ゴミを4種類に分別

 これまでの中国のゴミ収集は、住宅前のポリバケツの中に捨てられたゴミを廃品収集業者が勝手に収集するというシステムでした。ゴミの分別は行われません。また、住民はゴミを何時に捨てても大丈夫でした。

 しかし、2018年から中国の全国46都市でゴミの分別収集が始まります。住民はゴミを「生ゴミ」、包装紙をはじめとする「一般ゴミ」、金属やプラスチックなどの「資源ゴミ」、電池や一部家電などの「有害ゴミ」の4種類に分けて捨てなければならなくなりました(下の写真)。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索