今年の情報家電市場、どんな製品が売れるのか

米ネバダ州ラスベガスで開催のCESで展示される、LGの巻き取り式テレビ「LG SIGNATURE OLED TV R」(2019年1月8日撮影)。(c)DAVID MCNEW / AFP〔AFPBB News〕

 世界最大規模の家電・技術見本市「CES」が1月8日に米ラスベガスで開幕した。これに先立ち、その主催者である全米民生技術協会(CTA)は、今年の米国における消費者向けテクノロジー製品・技術・サービスの小売売上高が、3980億ドル(43兆3200億円)となり、前年から3.9%増加するとの推計を公表した。

新興テクノロジーが情報家電市場を牽引

 CTAが、消費者テクノロジー分野の成長に著しく寄与すると見ている製品分野は、「スマートウオッチ」「スマートホーム」「スマートスピーカー」「無線イヤホン」「ドローン」の5つ(スタティスタのインフォグラフィックス)。

 このうち、スマートウオッチの米国における今年の小売売上高は、47億ドルで、昨年から19%増加する見通し。フィットネス関連製品企業の多くが、従来の基本的な機能を備えるフィットネストラッカーから、より高機能のスマートウオッチに移行していることがその理由だという。

 これに次いで売上規模が大きいのは、スマートホーム。その推計金額は昨年から17%増の46億ドル。この分野の製品には、スマートロック(電子錠)、セキュリティーカメラ、スマートドアベル(玄関ドアチャイム)、スマート電球、スマートプラグ(コンセント)、スマートサーモスタット・煙感知器などがある。

 そして、これらスマートホーム機器を音声で操作できるスマートスピーカーは、32億ドルで、昨年から7%増加する見通し。この分野の製品には米アマゾン・ドットコムの「Echo」や米グーグルの「Google Home」などがある。すでに消費者は家庭でAI(人工知能)サービスを使うことの便利さを知っており、スマートスピーカーは今年も好調に売れるとCTAは見ている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索