「サムスン一本足」異変、韓国経済に黄信号?

サムスン、天津工場を2018年12月末で閉鎖。写真は天津にあるサムスンの工場(2006年10月15日撮影、資料写真)。(c)CNS/劉兆明〔AFPBB News〕

 「ここまで落ち込むとは・・・」

 2019年1月8日、サムスン電子が2018年10〜12月期の決算見通しを発表すると、証券市場は一時混乱に陥った。2年ぶりの大幅減益となったからだ。

 韓国経済はここ数年、「サムスン一本足」ともいえる状況が続いており、経済の先行きに黄信号が点灯したとの見方が強まっている。

 文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)大統領も年初から、猛烈な「経済シフト」に乗り出している。

 サムスン電子の決算は、営業利益が10兆8000億ウォン(1円=10ウォン)で前年同期比29%減だった。7〜9月期に比べると39%減少した。

 四半期ベースの営業利益が減少したのは2016年7〜9月期以来、2年ぶりとなった。

アナリスト予測を2兆ウォン下回る

 サムスン電子の4半期ベースでの営業利益額は円換算で1兆5000億円だ。2018年の年間営業利益額も58兆8900ウォンで絶対額は依然として大きい。

 2019年も4兆円を超える営業利益を出すとの見通しが多い。それでも、産業界や証券市場には8日の発表は、大きな衝撃となった。

 というのも、事前のアナリストの予測を大幅に下回る利益額だったからだ。

 韓国メディアによると、証券会社など14社が事前に利益予想を出していたが、その額は平均で13兆1745億ウォン。8日に発表になった利益予想はこれを2兆ウォンも下回る結果だった。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索