中国人の「米国出産ツアー」、ついにメス

学生スパイ、孔子学院、華為技術捜査、出産ツアー起訴

 ドナルド・トランプ米大統領が「アメリカを食い物にしてきた中国人」の退治に本格的に乗り出した。

 スパイ拠点化した中国語講座「孔子学院」や先端技術窃盗疑惑のファーウェイ(華為技術)の子会社へ家宅捜査、学生を隠れ蓑にしたスパイの逮捕――。

 そうした中で、米連邦検察局は1月31日、中国人妊婦を顧客にして行われてきた「出産ツアー」*1を企画・実施していた米国籍の中国人旅行業者を一斉に起訴した。

*1=米メディアは「Birth Tourism」(出産目的の観光旅行)とか「Anchor Babies」(錨ベイビー)という名称をつけている。米市民権を取得する赤ちゃんを船が港に停泊する際に降ろすAnchor(錨)にたとえた。

 米国には、「南北戦争終結後に自由の身となった元奴隷も含め、米国領土で生まれたもの、帰化したものすべてのものに市民権が与えられる。その生命、財産は国家が守る」という米憲法修正第14条がある。1968年7月28日に成立している。

(https://en.wikipedia.org/wiki/Fourteenth_Amendment_to_the_United_States_Constitution#Children_born_to_foreign_nationals)

 中国人が目をつけたのはこの修正第14条だ。むろん中国人だけではない。ナイジェリア人、ロシア人、メキシコ人なども出産ツアーの「常習犯」と目されている。

 しかしこれだけ組織的で大規模な「出産ツアー」ビジネスをやるのは中国人以外にいないらしい。

 ビザ申請などの渡航手続きから宿泊、出産手続き、新生児の市民権獲得まで一切合切の面倒をみるパックツアーだからだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索