米国の大学に押し寄せる中国人は、金の卵かスパイか

大学不正入学スキャンダル
セレブは私立名門校、中国人は公立名門校

 ハリウッドスターや投資会社CEO(最高経営責任者)などを顧客に子弟を名門大学に裏口入学させていた裏口入学斡旋業者(自称、進学指導経営)が逮捕された。

 米メディアは「史上最大の不正入学スキャンダル」と騒いでいる。

 一言でいうと、受験の答案を書き換えさせたり、名門校が運動選手を優遇する「スポーツ奨励制」を悪用し、運動部のコーチを買収してスポーツの実績を水増しさせて子弟たちを裏口入学させていたのだ。

 業者は総額2500万ドルを懐に入れた。収賄、司法妨害など有罪判決を受ければ最高禁固10年、罰金25万ドルが科せられる。

 対象となった大学は、イエール、スタンフォード、ジョージタウン、南カリフォルニア(USC)といった私立の名門中の名門。

 確証はないのだが、筆者が何度か聞いた噂がある。米名門大学の中には、大学への施設寄付など「大学の地位向上への貢献」した親の子弟や親が同窓の子弟の入学には一定の便宜を図っているという。

 また今や大学スポーツは花盛り。大学チームがフットボールやバスケットボールで活躍すれば、それだけ知名度を上げることができる。

 それだけ志願者も増えるし、愛校心に目覚めた同窓生からの寄付が増加する。テレビ中継料や入場料収入も期待できる。大学がスポーツに力を入れるのは当然だ。

悪徳コーチの中にはオバマ一家のテニスコーチも

 そこでできるだけ優秀な運動選手を獲得しようとする。

 スポーツ特待生奨学金や学費免除などをちらつかせてスカウトする大学はざらだ(このあたりは日本でも甲子園常時出場高校などと同じだ)。

 また名門校でもスタンフォードなどは「一芸に秀でた学生」を正規の枠とは別枠でスポーツ選手を入学させる学校もある。

 つまり今回のような「大学入学を巡る過去最大のスキャンダル」(ニューヨーク・タイムズ)を生む土壌は昔からあるのだ。


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索