日韓関係よりも気になる急速な「ウォン安」

人民元とウォンとの連動

 最近のウォン安も人民元の動きと歩調を合わせている。韓国紙デスクは次のように話す。

「人民元とウォンが歩調を合わせたような動きをしていることが韓国経済に中長期にどういう影響があるのか、まだはっきりとは言えない」

「韓国の全輸出額に占める中国向け輸出額の比率が25%を超えるなど中国依存度が高まっていることがその原因だろう。ウォンと人民元が同じような動きをするので、短期的には対中輸出にもプラスにはならない」

 米中通商摩擦の出口が見えない中で、ウォンと人民元の連動性が高まっていることは、今後の為替レートの行方を考える際に、不安要素でもある。

 景気後退局面でじわじわと進むウォン安。韓国の産業界は、米中通商摩擦、日韓対立とともに、重大な関心を寄せている。

(玉置 直司)


関連記事

おすすめ情報

JBpressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索