2月10日午後、新型コロナウイルスで大混乱に陥っている14億中国人が、一心に待ちわびていた「皇帝様」(習近平主席)が、首都・北京に姿を見せた。

 幹部用の青いマスクをしっかり着用した習主席は、福建省・浙江省勤務時代からの腹心の部下である蔡奇北京市党委書記を伴って、朝陽区安貞街道安華里の社区に現れたのだった。

 あらかじめ厳選されたに違いない住民たちに近づいた習主席は、「いまは非常時だから握手はやめよう」と言って声だけかけた。そして街頭で住民たちを前に仁王立ちになり、「いまこそ『初心を忘れず、使命を肝に銘じる』(習近平思想のスローガンの一つ)ことを主題とした教育成果を展開するのだ!」と檄を飛ばしたのだった。

モニター越しに武漢の医師たちに指示

 続いて習主席は、首都医科大学附属の北京地壇病院に赴き、一階にある監視コントロールセンターの前に立った。正面には大型のスクリーンが置かれ、スクリーンの向こう側には、防護服姿の武漢市の3病院(金銀譚病院、協和病院、火神山病院)の医師たちが、緊張気味に直立不動で立っていた。

 現場の医師たちを見据えた習主席は、青マスクを付けたまま、両手を後ろに組んだり、人差し指を突き上げたりしながら、「武漢保衛戦と湖北保衛戦に勝利するのだ!」と、再び檄を飛ばした。その後は、得意の長時間にわたる「重要講話」を述べたのだった。講話の原稿の段落が変わるたびに、医師たちは一斉に拍手していた。