なぜイタリアが死者数トップになったのか

 新型コロナウイルスによる死者が3月23日現在、世界で1万人を超えた。

 今や世界中が引用する世界的権威の米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、感染者は32万4291人、死者は1万4396人。

 イタリアでの死者数は5476人と、これまで新型ウイルス感染の震源地(エピセンター)だった中国の3261人を抜いて世界最多となった。

 イタリアに次いでスペインが1720人で第3位、イランが1685人と続いている。

 その理由は、イタリアは欧州で最も高齢者人口が多いこと、また人と人が会えば抱擁したり、キスをする習慣が深く根づいている点が挙げられる。

 新型ウイルスで死亡する感染者は圧倒的に高齢者が多いことや濃厚接触が感染の最大の原因だとされている。

 そうした中で今最大の関心事は、人口13億3000万人のアフリカ大陸に新型ウイルスが本格的に「上陸」し始めたことだ。

 ひとたび火がつけば、ウイルスは燎原の火のごとく急速に拡大する。

 貧困と食糧不足、さらには民族間衝突・紛争が続いている開発途上国が大半のアフリカ。

 ウイルス感染予防には頻繁に手を洗うことやマスクの着用が奨励されているが、アフリカの大半の国では手を洗う水道水も完備していない。

 地域によっては病院などの医療施設が全くないところもあると言われている。