1月時点では新型コロナウイルスの感染者と死者の爆発的な増加で、発生源とみられる中国が世界の関心と批判の的であった。

 ところがイタリアなど西欧諸国の感染者が中国を凌駕しはじめる2月下旬頃になると、中国は一転して日本や韓国の対応が手ぬるく感染拡大をもたらすと警告し、中国への注目をそらせ始める。

 3月4日には感染症の権威で中国国家衛生健康委員会専門家グループ長の鐘南山氏が「ウイルスの発生源と伝達システムについての研究」を指示し、コロナの発生源は中国とは限らない旨の発言を行う。

 責任転換の布石を打ち始めたと見た米国のマイク・ポンペオ国務長官が「これは武漢ウイルスだ」と発言して武漢が発生源であることを明確にすべきだとした。

 3月10日に武漢市を視察した習近平国家主席は、「ウイルス拡散の勢いは基本的に抑え込んだ」と表明し、「湖北や武漢の状況は好転しており、局面を変えるという目標は達成された」と評価する余裕を見せ始める。

 そして2日後の3月12日には、中国外務省の趙立堅報道官がツイッターで「米軍がコロナウイルスを武漢に持ち込んだかもしれない」と憶測する。

 日ごとに感染者が増える米国が、「中国は新型ウイルスの初期対処に失敗した」と批判すると、習主席は「(新型コロナウイルスの)病原がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければいけない」と訴える論文を3月16日発行の共産党理論誌「求是」に寄稿(中国国営新華社通信、15日)。

 責任転嫁を明確にし始めた中国側の一連の発言に堪忍袋の緒が切れたドナルド・トランプ大統領は16日(日本時間17日)怒りを込めて「中国ウイルス」とトーンアップする。