(山田敏弘:国際ジャーナリスト)

 新型コロナウイルスはいったいどこから来たのか——。今も世界中で感染拡大が続くなか、その発生源について議論が注目を集めている。

 5月3日、マイク・ポンペオ米国務省長官は米TV局のインタビューに応じ、質問者の「新型コロナウイルスは人工または遺伝子操作されたものだと考えるか?」という問いに、こう答えている。

「いいですか? 優れた専門家らは現時点で人工だと考えているようだ。この段階でそれを信じない理由はない」

 しかも発生源を調べているインテリジェンス・コミュニティ(国家情報長官室が取りまとめる16ある米情報機関をまとめてこう呼ぶ)にも言及。現在、「インテリジェンス・コミュニティが調査を続けている」としながらも、こう述べた。

「このウイルスが武漢にある武漢ウイルス研究所から出てきた大量の証拠があると言える」

 ウイルスが武漢の研究所から発生したのが事実とすれば、中国は国際社会から猛烈な批判を浴びることになる。このポンペオ氏の発言は、瞬く間に世界中で波紋を広げた。

豪州で報じられたインテリジェンス文書

 つい最近、欧米のインテリジェンス機関が新型コロナウイルスと中国についてまとめたレポートの内容が明らかになった。だがそこでは、ポンペオ発言を裏付けるような事実までは、触れられていなかった。

 オーストラリアのサタデー・テレグラフ紙は、5月2日、「ファイブ・アイズ」がまとめた15ページのインテリジェンス文書を入手し、記事にしている。「ファイブ・アイズ」とは、米国と英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英語圏5カ国の諜報機関が、インテリジェンス(機密情報)を共有する協定のこと。今回すっぱ抜かれたこの文書は、世界的な諜報機関のCIA(米国中央情報局)やMI6(英国秘密情報部)、ASIS(オーストラリア機密情報局)などが集めた情報の分析を垣間見ることができる貴重なものである。