韓国では、新型コロナウイルス感染症対策として3月22日から5月5日までソーシャルディスタンス強化期間を実施した。

 学校もオンライン授業、会社もオンライン会議などでプライベートな会合はできるだけ控えるようにしてきた。

 しかし、4月30日(釈迦の誕生日、祝日)から5月5日まで続く大型連休により、人々が油断することを懸念し、政府はソーシャルディスタンスを強調・注意を促していた。

 だが、その懸念通りの事態が発生してしまった。ソウルにあるクラブ街で集団感染が発生してしまったのだ。

 そして5月7日、韓国における新型コロナウイルス感染症対策の総本山、中央災難安全対策本部から韓国民一人ひとりに連絡が来た。

 その内容は、5月2日に梨泰院(イテウォン:ソウルにあるクラブ街)のある3つのクラブを訪問した人は、2週間の外出・接触規制というもの。

 もし、発熱などの症状がある場合には保健所で受診することを義務づけた。

(ここでは書かないが、具体的なクラブ名や時間も記されていた)

 クラブ名が記されていたため、すぐにそれらはゲイバーであることが発覚、SNSを通じて拡散された。