2020年8月6日、韓国の大韓航空が「サプライズ」の4〜6月決算を発表し、証券市場や産業界を驚かせた。

 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行で主力の国際線が111路線中29路線だけしか運航できなかったにもかかわらず、営業黒字転換を果たしたからだ。

 とはいえ韓国の航空業界には、「これからが問題」という声が支配的だ。

 大韓航空の2020年4〜6月期の売上高は前年同期比44%減の1兆6909億ウォン(1円=11ウォン)、連結営業利益は1485億ウォンだった。

予想を超えた黒字額

 同社は、前年同期に1014億ウォンの営業赤字、2020年1〜3月期にも566億ウォンもの営業赤字を計上していた。

 ところが、営業利益ばかりか純利益も1624億ウォンを計上し、黒字転換した。

 実は、大韓航空の4〜6月期決算は善戦するとの事前予想が多かった。それでも「予想をはるかに上回る黒字額」(大企業役員)という声が多い。

 4〜6月期は、新型コロナの流行で国際線の欠航が相次ぎ、世界中の大手航空会社が巨額の赤字に陥っていた。いったいどうして大韓航空は、黒字転換できたのか。

 いくつかの理由がある。

 原油価格の低迷で燃料代の調達コストが削減できたこと、航空貨物事業が比較的好調だったこと、韓国は、新型コロナ対策が比較的うまくいったため、国内線需要が回復したこと・・・。