文在寅(ムン・ジェイン)韓国政権における三人目の駐日大使に、姜昌一(カン・チャンイル)国会議員が内定した。姜昌一氏は1952年生まれで、済州道(チェジュド)を政治基盤とする4選目の国会議員。2017年から韓日議員連盟の会長を歴任し、現在は同連盟の名誉会長として活動している。80年代に東京大学へ留学し、修士と博士号を取得した姜氏は、政権与党内で最高の「知日派」とされる人物だ。

姜昌一氏の大使起用は「日韓関係の改善へ向けたメッセージ」?

 韓国大統領府は姜氏の大使選任に対し、「姜内定者は東京大学で修士・博士号を獲得し、学界で長い間日本について研究してきた歴史学者」「日本の新内閣を迎えて韓日関係を改善したいという大統領の意志が反映された人事」「正統外交官よりは政治家出身が適していると判断した」と伝えた。

 韓国メディアは、姜氏の日本政界での人脈や韓日議員連盟会長としての活動を集中的に紹介し、日本通の姜議員の駐日大使への抜擢について、「菅義偉新内閣に対する文在寅大統領の関係改善のメッセージだ」と評価した。