いとうせいこう&みうらじゅん 「近代五種」W杯会場で8時間生リポート

いとうせいこう&みうらじゅん 「近代五種」W杯会場で8時間生リポート

フェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃とランニング)の5種目を、朝から夜までほぼ1日かけて行う競技「近代五種」。優勝者には2020年に行われる東京五輪の参加資格が与えられるワールドカップ(W杯)が2019年6月27日〜30日の期間に東京・調布市で開催されている。

東京五輪で近代五種をサポートする日清食品は、W杯最終日の様子をウェブサイト上で8時間にわたって生配信し、その実況をいとうせいこうさん、解説をみうらじゅんさんが務める。

仲良しコンビが妄想トークを繰り広げる

近代五種は、近代五輪の父・クーベルタン男爵が古代アテネオリンピックの五種競技(レスリング・円盤投げ・やり投げ・走幅跳び・短距離走)にならって創設した競技。欧米では別名「キング・オブ・スポーツ」と呼ばれているが、日本での認知度は低く、競技人口も観客も少ない「キング・オブ・マイナースポーツ」として扱われている。

日清食品によると、「やるのも辛い、見るのも辛い、そんな近代五種が東京五輪でメジャー競技になることを信じ、"日清食品らしく"応援し、盛り上げることを決意した」とのこと。

大会最終日の生配信「日清食品プレゼンツ『UIPM2019近代五種ワールドカップファイナル東京大会』8時間耐久生解説」では、いとうさんとみうらさんが8時間に及ぶ生リポートを行う。

会場をまわりながらルールや選手の紹介、独特の解釈や「気になる選手の生い立ちを妄想してみる」「新しいルールを妄想してみる」などの妄想トークを繰り広げる予定。最後には2人の独断と偏見で、大会を通してグッときたプレイヤーを選手・会場スタッフから選出し、「MGP(モスト・グッとくる・プレイヤー)賞」として勝手に表彰する。

配信は6月30日午前10時15分からスタートする。


関連記事

おすすめ情報

J-CASTトレンドの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索