本体価格2800円 生チョコ使用で表面に金粉「至高の生ブラックサンダー」

本体価格2800円 生チョコ使用で表面に金粉「至高の生ブラックサンダー」

有楽製菓(本社:東京)のチョコレート菓子「ブラックサンダー」。

1994年の発売開始以来変わらない1本30円(税抜)という価格が魅力だが、2019年11月6日にはその90倍以上、2800円の新商品が発表された。生チョコレートを使った「至高の生ブラックサンダー」だ。

500セットが約4時間で完売、追加販売へ

「至高の生ブラックサンダー」はブラックサンダーの販売25周年を記念し、クラウドファンディングサイト「Makuake」で販売する。

ココアクッキーとプレーンビスケットを使ったザクザクとした食感のブラックサンダーの上には、濃厚なミルクチョコレートとフランス産ミルク配合のホワイトチョコレート、北海道産生クリーム使用の生チョコレートを載せた。外側のコーティングチョコレートには産地の異なるカカオ豆を使用し、バランスの良い味わいが特徴の「ガーナ産」タイプと、すっきりとした味わいの「トリニダード・トバゴ産」タイプの2本を展開する。表面にはいずれも「金粉」をあしらった。

実はこれまで「生ブラックサンダー」シリーズは、バレンタインシーズンにJR東京駅構内に出店するポップアップストア「ブラックサンダー義理チョコショップ」で2015年から販売してきた。しかし、有楽製菓の「Makuake」の販売ページによれば、従来は東京以外の消費者が買いづらい点や、赤字となる販売方法がネックになっていたという。そのため、これまで買えなかった消費者への展開と「赤字回避」を目的に、クラウドファンディングサイトでの販売を決めたとしている。

商品は11月6日16時に発売したが、用意していた500セットは約4時間で完売。急きょ、11月19日18時から100セットを追加で販売する。

本体価格は1箱2本入りで2800円だが、Makuakeでは送料などが入り4100円(税込)での注文となる。商品は2020年2月中旬に配達予定だ。


関連記事

おすすめ情報

J-CASTトレンドの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る