日本マイクロソフトは、タブレットパソコン「Surface Pro X」を、2020年1月14日に直販サイト「Microsoft Store」および全国の家電量販店などで発売した。

重さは774グラム

「Surface」シリーズ史上最薄だという7.3ミリの薄型で省電力性と高性能、ギガビットLTE通信機能を搭載。重さは774グラム。

10点マルチタッチ対応の13型(2880×1920ドット)「PixelSense」ディスプレーを搭載。500万画素前面カメラ、1000万画素背面カメラ、デュアルマイク、「Dolby Audio Premium」ステレオスピーカーなどを装備する。

OSは、一般向けモデルが「Windows 10 Home」、法人向けモデルには「Windows 10 Pro」をプレインストールする。プロセッサーは「Microsoft SQ1」、メモリーは8GB/16GB、内蔵ストレージは128GB/256GB/512GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。

インターフェイスはUSB Type-C×2、Surface Connectポート×1、Surfaceキーボードポートを装備。nanoSIMカードスロットを備える。Wi-Fi 5(11ac)互換の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。電源アダプター、SIMカードアクセスツールなどが付属する。

カラーはマットブラック。

価格は、一般向けモデル(全4種)が12万9800円〜21万9800円、法人向けモデル(同)が12万7800円〜21万4800円(税別)。

このほか「Surface Pro Xキーボード」、「Surfaceスリムペン」、同梱するスリムペンの格納とワイヤレス充電が可能な「Surface Pro X Signatureキーボード」などの別売オプションも同時発売する。