アイドルグループ「日向坂46」の井口眞緒さんが2020年2月12日、自身の公式ブログでグループからの卒業を発表した。井口さんは19年8月に一部サイトで男性とのツーショット写真が掲載されると、同9月8日にブログで「あの写真は私で間違いありません」「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。活動を自粛し、握手会やイベントを欠席していた。

発表を受け、ツイッターのトレンドワードには「井口卒業」がランクイン。しかしこの語句を検索すると、上位には井口眞緒さんではない別の人物の写真が表示され、ユーザーをざわつかせている。いったい何が...。

「ネットで『井口 やばい』という文字を見かけることが何度も...」

「井口卒業、というトレンドでKing gnuの井口が卒業するのかと焦ったら違った、どっちにしても寂しい」
「井口卒業ってKing Gnuの井口がやらかしたんかと思ったらまおちゃんだった」

このように、多くのユーザーが「井口卒業」と共に、ロックバンド「King Gnu」ボーカル兼キーボード・井口理さんの名前をツイートであげている。「井口」という名字を目にして、井口理さんが「卒業する」と誤解したファンが大勢いるようだ。「井口卒業でking gnu界隈がザワついてんの笑う」「井口卒業でKing gnu界隈がざわめいてる謎現象」と、驚くファンの多さを指摘する投稿も見られる。

この「井口」被り、以前に井口眞緒さん本人もブログで言及していた。19年8月19日の投稿だ。

「King Gnuの井口理さんがラジオで私の話をしてくださってる回を聞きました!!以前から井口さんのことを知っていてたまーに気になって聞くことがあったのですがまさか私の話が出るとは!私のことを知ってくださっててとても嬉しく感動しました!」
「私も井口理さんのことを知っていてすごく個性をお持ちの方なんだなあと思っていました(中略)ネットで『井口 やばい』という文字を見かけることが何度もあって あれ?私こんなことしたかな?と思うと井口理さんだった!ということがよくあったので 私もよくやばいと言われるので井口という名前の人はやばいのかなあと密かに考えていました」