パソコンおよびモバイル機器などを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン)は、4K液晶ディスプレー「VA32UQ」を2020年3月27日に発売する。

ブルーライト軽減機能も搭載

4K解像度(3840×2160ドット)対応、178度の広視野角31.5型パネルを搭載。明暗をより豊かに表現し、ダイナミックでリアルな画像を映し出せる「HDR10」に対応。デジタルシネマの色域規格「DCI-P3」を95%カバーし、現実に近い色や滑らかなグラデーションの表示が可能だという。

画面のカクつきやチラつき、フレームレートの低下を抑える「Adaptive-Sync/FreeSync」機能のほか、暗い部分を明瞭化し、明るい部分を過度に露出せず全体を明るく表示する「Shadow Boostテクノロジー」などの機能を搭載する。

目の疲れや肩こりの原因とされるブルーライトを大幅に抑える「ブルーライト軽減機能」、LEDバックライトによるチラつきを抑える「フリッカーフリー技術」を備える。いずれも製品の安全試験などを行う「T?V Rheinland(テュフ・ラインランド)」の認証を取得したとのことだ。

入力インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI×2を装備。ステレオスピーカーを内蔵する。

価格はオープン。