第一園芸(東京都品川区)は、ボタニカルアクセサリーブランド「Kunie Katori(クニエ カトリ)」と「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」がコラボレーションした限定オリジナルアクセサリーを、2020年3月20日に発売する。

天然素材ならではのしなやかな造形

「Kunie Katori」は、香取邦枝さんがつくるボタニカルアクセサリーブランドで、「自然をさらりと身に着ける」がコンセプト。プリザーブドフラワーやドライフラワーなど、本物の植物からつくられたアクセサリーを展開している。

今回、20年3月20日〜5月11日まで渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」とのコラボが実現。写実絵画の世界で描かれる花々をモチーフにした限定オリジナルデザインのアクセサリーのほか、登場したばかりの20年春夏コレクションの一部などをラインアップしているという。天然素材ならではのしなやかな造形で、動作に合わせて軽やかに揺れ動くアクセサリーは、ファッションのワンポイントとなり人目を引くという。

価格はピアス5400円(税別)、イヤリング6000円(同)。

Bunkamura ザ・ミュージアム、BIANCA BARNET 東京ミッドタウン日比谷店、横浜ベイクォーター店、DAIICHI-ENGEI三越銀座店、伊勢丹新宿店、田園調布店、ゲートシティ大崎店で取り扱う。