東京オリンピック・パラリンピックが、1年程度延期となった。

会場や人員の確保、資金調達など様々な課題がある中、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」のアイドルグループ「嵐」をめぐって、ファンの間で議論が起きている。20年12月31日で、グループの活動休止を発表しているためだ。

「世間やテレビ局を敵に回しても、あたしは嵐の味方」

ツイッターには、「嵐活動休止もう1年先にならないかな」、「オリンピック1年延期なら嵐の活動休止も1年延期して欲しい」などと願うコメントが多数見られる。

その一方で、延期は望まないというファンたちも多い。

「オリンピック延期になったからって嵐まで延期しなくていいよ 一分一秒でも長く嵐を見たいけど、命懸けの決断で2020年12月31日って5人が納得して決めたことなんだから...」
「嵐は休止、絶対にさせて。オリンピックのために延期しなくていいから!」

と、5人が下した決断を尊重したい考えるコメントが目立つ。

中でも多いのが、リーダーの大野智さんをいたわる声だ。「オリンピックの為に智のお休みを延期出来ないよね...」、「世間やテレビ局を敵に回しても、あたしは嵐の味方だし、智を全力で擁護するし、その義務が嵐ファンにはあると思う」、「智さん限界なんだよ?お願いだからあまり嵐を疲れさせないで」。

複数のメディア報道によると、NHKは20年3月25日に開いた会見で、木田幸紀放送総局長が嵐の「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」について「現時点で変更ということは考えておりません。来年ということですが、まだ何も決まっていません」と話したという。