パソコン(PC)「dynabook(ダイナブック)」シリーズを手がけるDynabook(東京都江東区)は、ノートPC「dynabook C7」を2020年4月28日から順次発売する。

高精細の写真や4K動画の編集もこなす

厚さ約19.9ミリ、重さ約1.79キロと持ち運びしやすい薄型軽量で、広視野角で狭額縁の15.6型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレーを搭載。

第10世代インテルCPU(プロセッサー)「Core i7-10510U」、メモリー8GB、高速起動と大容量保存を両立する256GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)+1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)」の"デュアルストレージ"を実装。高精細の写真や4K動画などの編集作業もスムーズにこなせるという。

「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax)準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。OSは「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。105キーのJIS配列キーボード、ジェスチャーコントロール機能付きトラックパッドを装備。

インターフェイスはUSB 3.0×3、USB 3.1 Gen1 Type-C×1、有線LAN、HDMI出力、マイク入力/ヘッドホン出力×1。200万画素Webカメラ、リチウムポリマーバッテリーなどを備える。

オフィスソフト「Microsoft Office Home & Business 2019」(デスクトップ版)を同梱、ワイヤレスマウス、ACアダプターが付属する。

カラーはスタイリッシュブルー、リュクスホワイトの2色。

価格はオープン。