丸紅フットウェア(東京都中央区)は、米アウトドアブランドMERRELL(メレル)から夏の定番ウォーターシューズ「CHOPROCK(チョップロック)/ CHOPROCK SHANDAL(同 シャンダル)」の新色を発売する。2020年4月28日に発表した。

濡れた路面や岩場で優れたグリップ力

ハイキングシューズとウォーターシューズ両方の機能性を併せ持ち、2019年の発売以降、メレルの夏定番アイテム。水周りのアクティビティはもちろん、ライトハイクまで対応可能な機能性の高さから家を出てから帰るまで、履き替えなしで1日を通じて使用できる手間いらずの1足だ。

メレル独自開発のシューズ構造を採用。ミッドソールに搭載した排水孔が最大の特徴になっている。靴内部に入った水を瞬発的かつ効率的に排水することで、ウォーターアクティビティをしている最中はもちろん、アクティビティ後も足元を快適にキープ。

また、Vibramが開発した高機能アウトソール「Vibramメガグリップ」を搭載し、濡れた路面や岩場などで優れたグリップ力を発揮。水周りのアクティビティだけではなく、そのままハイキングに出かけても足元の安心・安全を提供するという。

「CHOPROCK SHANDAL」のメンズから、クールブルーを採用した「SALIOR」や、ショッキングレッドを採用したグレーパターン「MONUMENT」、ウイメンズからはビビットなパープルをベースにした新色「LILAC」などが登場。

価格は、CHOPROCKが1万3500円(税別)、CHOPROCK SHANDALは1万3000円(税別)。サイズは22.5〜30.0センチ。