2020年6月15日に営業再開したすみだ水族館(東京都墨田区)は、進行中の大規模リニューアル後のオープン日を、2020年7月16日に決定した。

リニューアルでは新しい「クラゲエリア」に水盤型の新体感水槽「ビッグシャーレ」を設置予定のほか、飼育作業を公開する「アクアベース」が誕生する。

約500匹のミズクラゲを水槽の上から観察

「ビッグシャーレ」は、日本最大級となる長径7メートルの水盤型クラゲ水槽で、すみだ水族館で生まれた約500匹のミズクラゲを水槽の上から観察できるという。「海月(クラゲ)」の漢字の由来だという"海中に浮かぶ月"のようなクラゲの姿を間近で楽しめる。上部が解放された水槽を、色鮮やかな照明で演出することで幻想的な空間に。また、スロープ上のガラス床のデッキでは、クラゲが集まる海の水面に立っているかのような感覚を味わえる。

「アクアベース」は、これまでバックヤードで行ってきたペンギンやチンアナゴ、大水槽の魚たちなどの"いきもののゴハン"の準備を行う「キッチン」と、クラゲの飼育設備や繁殖活動の様子を公開する「ラボ」で構成する。