樹脂・アルミの加工製品などを製造するDOUBLE-H(神奈川県川崎市)は2020年7月3日、ウイルスの飛沫感染および熱中症の対策を目標としたプラスチック製マウスシールド「MOUTH SCREEN」を発売した。

蒸れや耳の痛みといった、従来のマスク着用に伴う様々な悩みを解消した商品だ。

「口元見せねばならない仕事」はクリアタイプを

口元とシールドの内面には十分な空間を確保し、息苦しさと暑苦しさを軽減する。頭の後ろで固定するロープアジャスタータイプと、一般的なマスクと同様に耳にかけるゴム紐タイプの2種類から選択可能。長時間の使用でもストレスなく着用できるデザインだ。また、外側のスクリーン面には企業ロゴやオリジナルイラストの印刷も可能で、イベント会場でのスタッフの腕章替わりや、広告として使うこともできる。

素材はクリア、ハーフミラー、ホワイトの3タイプ。DOUBLE-Hの発表資料によると、安全第一の建築現場や口元を見せなければならない職業では、曇り止め加工が施されたクリアタイプを特に推奨しているとのことだ。

製品のデザインは、建築デザインなどを手掛ける浦田孝典デザイン事務所(東京都江戸川区)による。

価格はクリアとホワイトがそれぞれ3枚組1260円(税抜)、ハーフミラーは3枚組2100円(同)。